子ども教育課:0254-27-1965

お電話は直接ご用の課につながります。役場の代表電話をかけた場合は課名をお伝えください。


入園・入学案内

 

こども園(保育園) 子ども教育課

親の共働きまたは家族の病気などにより、家庭で保育できない場合、親に代わって保育します。

 

入園できる児童

聖籠こども園
聖籠はじめ保育園
まごころ保育園せいろう
まごころ保育園ひがしこう
生後2か月から2歳児までの乳幼児

 

保育時間

聖籠こども園
聖籠はじめ保育園
まごころ保育園せいろう
まごころ保育園ひがしこう
通常保育時間 7時00分~18時00分
延長保育時間 18時00分~19時00分

 

休園日

日曜日、祝日、12月29日から1月3日まで

 

入園受付

入園の受付は、毎年秋季発行の広報せいろうでご案内します。定員に余裕がある場合は、随時入園できます。

 

提出書類

入園申請書・家庭調査票・勤務証明書等
提出先は、子ども教育課です。

 

入園決定

2月上旬に入園決定の通知をします。

 

保育料

保護者の町民税の課税額により決定します。(0円~40,400円)

 

◆多子世帯の保育料の軽減

 保育料は、二人目半額、三人目以降無料(小学生までの子供の数で判定します。)

 

◆その他詳しくは、子ども教育課子ども子育て支援係保育所担当までお尋ねください。


 

 

 

子育て支援事業

すくすくサロン「さくらんぼ」

 聖籠こども園では、子育て支援事業としてすくすくサロン「さくらんぼ」を開催しています。
在宅で子育てをしている全ての親子が対象です。
お子さんの遊び場として、お家の方の仲間づくりや出会いの場として園を開放しております。

 

開放日時

月曜日~土曜日(祝祭日・お盆・年末年始) 午前8時30分~11時30分/午後3時00分~5時00分

※日程の詳細については毎月のおたよりでお知らせします。

費  用 無 料
内  容

◆親子あそびを通して、親子のつながりを深めながら、お子さんの感性や能力を伸ばします。
◆いろいろな人とかかわりながら、情報交換や仲間づくりを行う場です。
◆子育ての悩みごとなどを相談できる場です。

◆子育てに役立つ情報がたくさんあります。

主な予定 ※測定日・お話タイム(毎週火曜日) ◇第1火曜日……0歳児から1歳6か月児
◇第2火曜日……1歳7か月児以上  ◇第3火曜日……絵本や紙芝居の読み聞かせ
※子育て相談 ◇月曜日から金曜日随時応じています。
※親子ふれあいタイム
◇毎月2回・各年齢や縦割りの年齢で触れ合って遊びます。(行事・製作・リズム等)
※お父さんもおいでよ ◇毎週土曜日・お父さんも一緒に親子で遊びましょう。
※離乳食試食会 ◇毎月1回・前期、中期、後期離乳食児を対象に行います。
※その他 ◇季節の行事(春の会・七夕会・秋の会・クリスマス会・ひなまつり会等)や講話(看護師や栄養士の講話・親子体操・救急教室・交通安全教室等)も予定しています。
※絵本の貸し出しを行っています。 ◇大人向けの雑誌や子供向け絵本の貸し出し。

 

 

一時的保育事業

 聖籠こども園では、子育て支援事業として「一時預かり」を行っています。
保護者の事情でやむを得ず家庭での保育が困難になった場合、ご利用ください。

 

対象 聖籠町に住所を有し、生後7ヵ月以上から小学校就学前までの児童
利用条件 (1) 保護者の傷病、災害、事故、出産、看護、介護及び冠婚葬祭等社会的にやむを得ない事由により、
    緊急かつ一時的に家庭における保育が困難となる場合
(2) 保護者の労働、職業訓練、修学等により、断続的に家庭における保育が困難となる場合

      その他、特別な事情で保育が困難な場合は、園にご相談ください
利用できる日時 月~土曜日(祝日、年末年始を除く聖籠こども園の開園日)
午前7時30分から午後7時まで
利用できる日数 月14日まで
利用料金等 (1) 利用料
・満1歳未満  4時間半を超える場合 1回 2500円
・満1歳未満  4時間半以内     1回 1250円
・満1歳以上  4時間半を超える場合 1回 2000円
・満1歳以上  4時間半以内     1回 1000円
・延長料金
 午後4時半を超え、6時半まで利用した場合 1回 100円
 午後6時半を超えて利用した場合 1回 200円
(2) 給食費  1食 200円
給食希望の方は利用日前週の火曜日までに申し込みをお願いします。
それ以外の場合はお弁当を持参していただきます。
利用方法 直接聖籠こども園にお申込みください(午前8:30~午後7:00)
*申し込みが多数の場合、利用をお断りさせていただく場合があります
必要なもの 申請書  健康保険証  印鑑  利用料
生活票(年度内に初めて申し込む方)
*申請書、生活票は聖籠こども園にあります。

「こんな場合は預かってもらえるのかな?」など、一時預かりについての疑問は
気軽に聖籠こども園にお問い合わせください。
お問い合わせ:聖籠こども園  0254-27-3322

 

 

こども園(幼稚園) 子ども教育課

 

こども園の概要

平成17年から、聖籠町立幼稚園が聖籠町立こども園と名称を変え、保護者のニーズにあった保育時間を選択できるようになりました。

保育料は、保育時間によって決まります。

通常保育(月曜日から金曜日の午前8時30分~午後3時)は幼稚園教育を実施し、早朝・延長保育・土曜保育・長期休業保育は希望に応じて行っています。

預かり保育は、異年齢と家庭的な雰囲気のなかで、安全な保育支援を心がけていきます。

 

閉園日

日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

 

名称と通園区域

名 称 住所/電話 園区
蓮野こども園

蓮野1930-1  0254-27-8533

蓮野小学校区
蓮潟こども園

蓮潟2890-2  0254-27-5015

山倉小学校区
亀代こども園

次第浜2963  0254-27-8361

亀代小学校区

 

入園資格

聖籠町に在住している満3歳児から小学校就学前までの幼児。


 

保育時間と保育料

保育料は保育時間で決まりますので選択区分1~6の中から1つ選ぶことになります。
土曜保育は保育を希望する時間をお知らせください。

選択区分 保育区分 保育料(月)
1 通常保育8:30~15:00 無 料
2 長時間保育8:30~17:30 1,000円
3 長時間+延長保育8:30~19:00 2,000円
4 早期+長時間+延長保育7:30~19:00 2,500円
5 早期+長時間7:30~17:30 1,500円
6 早期+通常7:30~15:00 500円
土曜保育 預かり保育(保護者の希望する時間)7:30~19:00までの間 時間によって異なる
長期休業日保育 預かり保育 時間によって異なる
※長期休業日保育(夏休み、冬休み、春休み)は随時受け付けていますが、申込時点で決まっている方は予め申し込みください。

 

一時預かり保育料(土曜日保育も含む)。

保護者が選択以外に急用などで一時預かりが必要になったときに預かり保育を行います。

4時間未満 200円/日
4時間以上7時間未満 300円/日
7時間以上 400円/日

 

 

小・中学校

小・中学校への新入学の案内

入学予定者の保護者に、入学する年の1月末に、保護者あてに就学通知書を送付します。

就学通知書が届かないなど不明な点がありましたらご連絡ください。

 

入学前健康診断

小学校入学前年の10月中に、住民基本台帳をもとに翌年入学の対象となる児童の保護者あてに「就学時の健康診断の通知書」が送付されます。

健康診断は、10月下旬から11月にかけて行われます。指定された学校で必ず受けてください。

 

就学援助制度

経済的理由で就学困難な児童生徒に対して、義務教育を受けることができるよう就学援助費(学用品費、学校給食費等)を支給します。

申請時期:年2回(6月・9月)

 

転入学の手続き

居住地によって入学する学校が決まっていますので住民票の異動届出をした後、子ども教育課で手続きを行ってください。

 

 

小学校・中学校一覧表

学 校 名 所 在 地 電話番号
蓮野小学校 蓮野1687 0254-27-2508
亀代小学校 次第浜4614 0254-27-2029
山倉小学校 山倉688 0254-27-2504
聖籠中学校 蓮潟366-1 0254-27-7080

 

給食の実施

こども園(幼稚園)・小学校・中学校では、給食を実施しています。

給食費は、8月を除く毎月保護者から次の月額で納めていただきます。

年度末に一食当たりの額に給食実施回数を乗じて精算します。

こども園児 月額 4,200円(一食当たり235円)
小 学 生 月額 4,700円(一食当たり270円)
中 学 生 月額 5,300円(一食当たり320円)

 詳しくは子ども教育課担当にお尋ねください。

 

 

 

 

教育相談

適応指導教室(フレンドルーム)

不登校等で学校生活に適応できない児童生徒に対して、学校と異なった環境の中で教育相談や体験活動等を実施し、児童生徒の自立や集団生活への復帰を援助、指導しています。

 開設場所:聖籠町大字諏訪山1560番地3 結いハート聖籠内

 開設期間:祝日・長期休業日(春休、夏休、冬休)を除く月曜日から金曜日まで

 開設時間:午前9時30分から午後3時まで

 

 

町育英資金貸与制度

町では、向学心があるにもかかわらず、経済的理由によって就学困難な者に対して育英資金を貸与し、有能なる町民の育成を目的に育英資金貸与制度を設けております。

 

育英資金の月額

  自宅からの通学

   ・高等専門学校、各種専修学校、短期大学  4万円/月以内
   ・大  学 4万円/月以内

  自宅外からの通学

   ・高等専門学校、各種専修学校、短期大学  6万円/月以内
   ・大  学 6万円/月以内

 

 この他、申し出により入学年度に限り一時金として、高等専門学校、各種専修学校・短期大学は30万円、大学には、50万円を限度に貸与します。

 

貸与申請をすることができる者

  • 聖籠町に2年以上住所のある世帯で大学・短期大学・高等専門学校・各種専修学校の入学生及び在学生
  • 学業に優れ、心身共に健全な者で学校長又は学長が推薦した者
  • 日本育英会・地方公共団体等の他の奨学金等を受けていない者
  • 保護者の所得が町で定めた所得基準額以下の者
  • 経済的理由により就学が困難な者
  • 聖籠町育英資金の貸与を一度も受けていない者

 

貸与期間

貸与決定の月から在学する学校の最短終業年限の終期までです。

 

育英資金の返済

育英資金の返済は、貸与期間終了後、1年を経過した後、10年以内に年賦又は半年賦で返済していただきます。

繰り上げ返済をすることも可能です。返済を開始する前に、返済方法等を明記した「返済明細書」を提出していただきます。

なお、大学院通学などの場合、返済期間の延長を認めます。