トップページへ
聖籠町トップページ町の主な施策・計画・まちづくり等
聖籠町生涯活躍のまち構想

 生涯活躍のまち構想とは、国が進めているまちづくりの考え方の一つで、「人生第2のチャレンジ世代がそれぞれの能力を生かしながら多世代と交流し、健康でアクティブな生活を送り、必要に応じて医療・介護を受けることができるような地域づくりをすすめることで、魅力的な地域には都市部などからUターンで戻ってきたり、Iターンで引っ越してくる人が増えたり、人口減少や雇用の対策にもなる」というものです。
 聖籠町では、平成28年2月に産学金労住といった分野の、外部有識者等で構成される聖籠町生涯活躍のまち構想研究会を立ち上げ、聖籠町における構想の実現可能性について調査・研究を行い、平成29年8月には、聖籠町における生涯活躍のまち構想の検討をするにあたり、町民の皆様方の意見を反映させるため、聖籠町生涯活躍のまち構想検討会(以下、検討会という。)を設置しました。
 平成29年12月に提出された検討会報告書では、超高齢化社会において、高齢期をより前向きに捉え、生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで住みよい多世代共生の地域社会を目指すこと、そのために「地域包括ケアシステム」、「しごと」、「子育て」、「住まい」、「いきがい」、「ふれあい」の6分野について町が講ずべき施策が提言されています。
 町としては、この報告書の内容を踏まえ、構想の実現に向けて取組を進めていきたいと考えています。

聖籠町生涯活躍のまち構想
【聖籠町生涯活躍のまち構想への意見募集はこちら(募集期限:3月2日(金)まで)】


聖籠町生涯活躍のまち構想検討会(平成29年度開催)
聖籠町生涯活躍のまち構想検討会報告書・会議資料はこちら


聖籠町生涯活躍のまち構想研究会(平成28年度開催)
聖籠町生涯活躍のまち構想研究会報告書・会議資料はこちら


このページに関するお問い合わせは

聖籠町役場 総務課 総合政策係
TEL:0254-27-2111(内線:224)

ページの先頭に戻る