トップページへ
聖籠町男女共同参画計画策定委員会


 少子高齢化が進展する中、社会経済情勢の急速な変化に対応していく上で、男女が、互いにその人権を尊重しつつ責任も分かち合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の実現が緊急課題とされています。
 聖籠町では、「男は仕事、女は家庭」という性別による固定的な役割分担意識や地域での習慣・しきたりを解消し、男女が性別にかかわりなく、互いに人権を尊重しあい、ともに支えあいながら対等なパートナーとしていきいきと暮らすことができる男女共同参画社会を形成することが重要であると考え、その実現に向け「男女共同参画計画」(現在は第2次計画)を策定し取組を進めています。
 この委員会は、学識経験者・関係機関の職員・一般町民等により構成される外部委員会として、聖籠町男女共同参画計画の策定に関する事項について調査・検討し、その結果を町長に報告を行います。



第3次聖籠町男女共同参画計画策定に向けた検討を開始しました

 現行計画である第2次聖籠町男女共同参画計画が平成29年度末をもって期間が満了することに伴い、平成30年度からの5年間を計画期間とする第3次聖籠町男女共同参画計画の策定に向けた検討を開始しました。
 委員会は、平成29年度に全4回程度開催し、計画の内容について、町長へ答申する予定です。


第2次聖籠町男女共同参画計画策定時の委員会の様子はこちら
このページに関するお問い合わせは

聖籠町役場 総務課 総合政策係(内線224)
TEL:0254-27-2111 FAX:0254-27-2119