保健福祉課:0254-27-6511
子ども教育課:0254-27-1965
子ども家庭相談センター:0254-27-7082

お電話は直接ご用の課につながります。役場の代表電話をかけた場合は課名をお伝えください。


子どものために

 

児童手当

  児童手当は、0歳から中学校修了年度の3月31日までの間にある児童を養育している方に支給されます。
  出生・転入等により新たに受給資格が生じた場合や、転出等により受給資格がなくなった場合は、受給資格がなくなった日の翌日から数えて15日以内の手続きが必要です。
  ※手続きに必要なもの
   ・申請者の健康保険証(国民年金加入の方や、年金未加入の方は必要ありません)
   ・申請者名義の預金通帳またはキャッシュカード
   ・印鑑
    詳細はこちらから

 

児童扶養手当

  児童扶養手当は、父母の離婚などにより、父または母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の、生活の安定と自立の促進のために支給する手当です。
  支給された手当は、児童の健全な育成のために使わなければいけないものとされています。
※手続きに必要なもの
   ・申請者および対象児童の戸籍謄本
   ・世帯全員の住民票の写し
   ・申請者名義の預金通帳
   ・世帯全員分のマイナンバーの通知カードおよび来庁される方の身分証明証(もしくは、マイナンバーカード)
   ・印鑑
   ・年金手帳
    その他請求事由により必要となる書類が必要となる場合があります。
    詳しくは窓口でお尋ねください。
    詳細はこちらから

 

子ども医療費助成制度

  0歳から中学校卒業年度の3月31日まで、医療費の一部を助成します。
  乳児(0歳~1歳)の場合は出生届(町役場町民課)の際に申請手続きを行ってください。
  ※手続きに必要なもの
   ・健康保険証
   ・印鑑
    詳細はこちらから ( PDF:108KB )

 

各種予防接種

    詳細はこちらから

 

新生児・産婦への訪問

  生後1か月頃に、助産師が訪問します。出生届と一緒に出生連絡票(母子手帳とじこみ)の提出をお願いします。
  出生届出後、電話連絡しますが、早めの訪問を希望する場合はご連絡ください。

 

2か月児訪問・就園前の転入児訪問

  みなさんのお住まいの集落には、地区担当保健師がいます。
  お子さんの健やかな発達を支援するだけでなく、ご家族みなさんの健康・生活を支援していきます。
  どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

育児学級

  生後4~5ヶ月児の保育者を対象に、離乳食指導と育児相談を行います。対象者には、個人通知をします。

 

乳幼児健康診査・歯科健診

  乳幼児を対象に、保健福祉センターで定期的に下記の健診を行っています。対象者には、その都度個人通知いたします。
   ・乳児健康診査(4・7ヶ月児)
   ・1歳2ヶ月児むし歯予防教室
   ・1歳6ヶ月児健康診査(歯科健診含む)
   ・2歳児親子歯科健診
   ・2歳6ヶ月児歯科健診
   ・3歳児健康診査(歯科健診含む)
   ・3歳6ヶ月児歯科健診

    乳幼児健診等日程 ( PDF:249KB )

 

あそび教室

  あそびを通してしっかり子どもと向きあい、母と子の愛着関係を形成する場です。

 

子ども家庭相談

  子育てのこと、子どもの発達のこと、学校、家族のことなど、なんでも子ども家庭相談係で受け付けます。(以下のような相談)

たとえば…

・イライラして叩いてしまう

・言葉が出なくて心配

・落ち着きがなく手がかかる

・友達とのトラブルで困っている

・園や学校に行きたがらない

・学習が大変になってきた   などなど

*相談専用ダイヤル

子ども家庭相談センター 0254-27-7082

(受付 平日午前8時30分~午後5時00分)

 

病児・病後児保育事業

  病気中(病児)または病気回復期(病後児)にある児童を就労等により家庭で保育ができない方を対象に、医療機関内に付設された施設において一時的な保育事業を実施します。

    事業概要はこちらから