聖籠町トップページ人生すくすくガイド
予防接種

予防接種には、「定期予防接種」と、「任意予防接種」があります。
定期予防接種は、決められた期間内に接種すれば無料となります。
任意予防接種は有料ですが、一部予防接種については、接種費用の助成を受けることが出来ます。

定期予防接種

接種方法

接種券と予診票をお持ちの上、医療機関で接種してください。
県内の医療機関で接種可能です。
※県外で接種した場合は、接種後、申請により助成を受けることができます。 
   聖籠町県外予防接種費用助成制度のご案内( PDF:100KB )


予防接種の種類

対象年齢を過ぎると自費となりますのでご注意ください。
種 類(クリックすると詳細が表示されます) 接種券・予診票の配布時期
BCG  4種混合  麻しん風しん1期  ヒブ
小児肺炎球菌  水痘(水ぼうそう)  B型肝炎
保健師による2ヶ月児訪問の時にお渡しします
日本脳炎1期 3歳児健診の時にお渡しします
麻しん風しん2期 6歳になる年度の4月に郵送します
日本脳炎2期 9歳になる年度の4月に郵送します
2種混合 12歳になる年度の4月に郵送します
子宮頸がんワクチン 平成25年6月から、積極的勧奨を控えています
※接種率調査の目的で匿名化された情報として個人の接種暦を利用する場合があります。
調査機関へ情報の提供を拒否する場合はお申し出ください。


任意予防接種

接種費用の一部を助成します。接種後、聖籠町保健センターで申請の手続きが必要となります。
種 類 助成対象者(接種日基準) 助成内容
インフルエンザ
(接種期間:10月〜3月)
生後6か月〜小学生 1,500円(上限)×年度2回
中学生 1,500円(上限)×年度1回
妊婦(妊娠届提出日〜出産日)
ロタウイルス 2回接種ワクチン
(ロタリックス)
生後6週〜24週の乳児 7,500円(上限)×2回
3回接種ワクチン
(ロタテック)
生後6週〜32週の乳児 5,000円(上限)×3回
おたふく風邪
(流行性耳下腺炎)
1歳〜就学前 2,000円(上限)×1回

※ 支払額が助成上限額に達しない場合は、全額助成となります。
  成人を対象とした「風しん予防接種費用助成事業」については、以下のパンフレットをご覧ください。
  大人の風しん予防接種費用の一部を助成します(PDF:166KB)


申請期限

接種後6か月以内(例:11/15接種⇒5/15まで)


申請に必要なもの

@ 印鑑(認め印) 
A 母子健康手帳など予防接種の種類が分かるもの
B 医療機関が発行した領収書(接種を受けた人の氏名が入っていること)
C 通帳など振込先口座がわかるもの
※領収書がないと助成を受けられません。大切に保管してください。





・ 申請書は保健福祉課の窓口にも用意してあります。

・ 申請期間内であれば複数回分を1回で申請できます(インフルエンザの1回目と2回目など)。


ページの先頭に戻る