聖籠町トップページ
行財政改革への取組について
 聖籠町は、東港工業地帯を中心とした豊かな税収を背景に、普通交付税が交付されずとも、これまで様々な分野で先進的な施策を積極的に展開し、人口の増加などの成果に結び付けてきました。
 その一方で、我が国は急激な人口減少と少子・超高齢化 の進展に直面し、また、人生100年ともいわれる時代を迎えようとしています。
 このことは、聖籠町にとっても例外ではありません。将来的に予想される医療・介護に要する費用の増大、公共施設の老朽化などの問題に対処しながら、子ども・若者から高齢者まで活力と安心がある地域社会を構築・維持していかなければなりません。
 しかしながら、町の税収は、固定資産税の減収等で過去と比べて減少し、現状のままでは今後も減少していく見通しです。今日でも厳しい財政状況にあるなか、これから将来の課題に対して持続可能な対応を図っていくためには、ここで時代に合わせた行財政の見直しとそれによる将来への蓄えが必要になります。
 このような背景から、新たに行財政改革に取り組みます。町民の皆様のご理解をお願いします。


(改革の基本理念)

未来を見据えて

〜50年後も希望と勇気を与える町であるために〜


行財政改革の基本的な考え方(イメージ)

行財政改革の基本的な考え方(イメージ)

 

改革の方向性 −行財政改革大綱−

 2018年11月に案として公表していた行財政改革大綱について、町民説明会とパブリック・コメントを経て、2019年2月8日に策定しました。
 今後は、取組期間である2019年2月から2022年3月までの間で、大綱に定めた改革に順次取り組んでいきます。


平成30年度の取り組みはこちら

 

令和元年度の取り組み

 令和元年度は、今まで実施していた事務事業評価を「費用対効果」、「妥当性」、「受益者負担」、「政策的優先度」、「社会情勢への適合性」の5つの視点を加えて評価する政策評価に切り替え、事業の見直しを検討しています。

行財政改革有識者会議の開催状況

 政策評価で見直しの対象とした事業を町内外の有識者に見直しの内容を説明し、それに対する意見を聴取し、次年度以降の事業に反映していくため、会議を開催しています。

○令和元年10月23日開催 令和元年度第1回 聖籠町行財政改革有識者会議


○令和元年11月11日開催 令和元年度第2回 聖籠町行財政改革有識者会議


○令和元年12月4日開催 令和元年度第3回 聖籠町行財政改革有識者会議   



ページの先頭に戻る