聖籠町の魅力は何といっても豊富なくだもの。初夏から秋にかけて、さくらんぼや梨、ぶどうなどの摘みとりができ、その場で食べられる観光農園が人気です。それぞれの品種の魅力を生産者さんに直接聞くこともでき、あったかい人柄に触れてリピーターになる方も多いそうです。
 今年度の聖籠産ぶどうの品種と食べごろをご紹介します。あなたの「推し」を見つけてみてはいかがですか?

ぶどうの種類 〜人気の品種はこれ!!〜


きょほう
【巨峰】
(9月上旬〜)
果皮が黒々しているのが美味しく、甘味と酸味が調和した濃厚な味。全てのぶどうの中でも人気の品種です。

かいじ
【甲斐路】
(9月上旬〜)
「赤いマスカット」の異名を持つ品種です。果肉は引き締まり、多汁です。糖度は、18〜19度で高く、上品なマスカット香があります。


【シナノスマイル】
(9月中旬〜)
大粒で赤色の品種です。酸味が少なく甘みが強いのが特徴です。皮離れがよく食べやすいのも人気の理由のひとつです。


【ロザリオビアンコ】
(9月中旬〜)
白ぶどうの中で最も人気の高い品種の代表格です。果肉は薄く、多汁で酸味が少なく、非常に上品な味です。糖度は、20〜21度で極めて高いです。


【ロザリオロッソ】
(9月中旬〜)
ロザリオビアンコの兄弟にあたる品種です。とてもジューシーで、果汁が多くさっぱりとした甘さでいくらでも食べられると人気の品種です。

べにずいほう
【紅瑞宝】
(8月下旬〜)
濃紫紅色で美しく、果粉が多く、肉質は紅富士系では最も硬い品種です。香りが良く果汁たっぷりで果皮が剥きやすいぶどうです。


上の代表的な品種のほかにも、こんな品種が食べられます。

せとじゃいあんつ
【瀬戸ジャイアンツ】
(9月中旬〜)


【ゴルビー】
(9月中旬〜)


【ネオマスカット】
(9月中旬〜)

べにたまき
【紅環】
(9月中旬〜)


【シャインマスカット】
(9月中旬〜)


【スチューベン】
(9月中旬〜)


葡萄棚の下でお気に入りの品種を食べ比べも!旬の美味しさをご堪能ください!!

※天候などにより、生育状態は変動することがあります。
 詳しくは、聖籠町観光協会(0254-27-2111)までお問い合わせください。
 聖籠町観光協会ホームページはこちらから(外部サイトにリンク)



ページの先頭に戻る